不動産仲介業って

どうも

ノブです。

 

「不動産仲介」という言葉というか響、

なんか、売りたいですっていう人と買いたいですっていう人の

間に入って、「はい仲介手数料〜」って感じがしますよね

 

 

まぁ簡単に言うとそんなんですけど

なんか、お客様からしたら

「なんか、物件案内しただけなのに高いお金取られた〜」

って感じでしょうか

 

まぁ、そんなイメージが先行してる人が、

「仲介手数料払いたくない!」とか

「売主から買えば手数料かからない!」

(実際には他の名目で取っている業者もいるとか、いないとか)

なって思ってると思うんですけど

 

そもそも、なんでうちらのような「仲介業者」がいるのか

「一般(不動産の素人)の人が業者(不動産のプロ)に騙されることの無いよう

安心して取引ができるように」ということでいると思うんですよね

 

仲介業者に限らず、不動産業界全般が怪しさ満点で

「千三つ」という不動産業界の言葉があるくらい

(1000の話のうち3つくらいしか本当のことがない。という言葉)

 

「一般の人の為に」

これを忘れて、自分の為に商売をしてる人が多い

 

不動産って自分だけの為にするとめちゃめちゃ儲かるんですよね

(「人の為に」ってやっても、そこそこ儲かるんですけど(笑))

 

この「仲介」って言葉がいけないと思うんですよ、最近

 

で、僕はお客様に会った時に

コンサルタントと言ってます

「お客様が安心して、高額な物件の取引ができるようにアドバイスそしてサポートします」と

 

 

まぁ、「コンサル」って言葉も怪しいっちゃ怪しいですけどね〜(笑)

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です