家を買うかどうか迷ってる方へ

●備えあれば憂いなし。

 〜マイホームは、老後の豊かさと安心の第一歩〜

 

年をとってからの家賃負担は、今考えているより大きく苦しいものです。

しかも、過去の支払い分や現在もお支払中の家賃は、自分の者にはならない

(借りている対価で払っているので、もっともなのですが)お金です。

そして、今後も賃貸生活を続けていく以上さらに続きます。また、家族構成に

よってはもっと大きな間取りが必要になり、住替えを考えなければいけなかったり、

高齢者の方のお部屋探しも大変むずかしく(選べる物件が少なくなる)なって

きています。

 

お年を召されてからお住まいを購入された場合、

あまり期待できない年金受給額を考えると・・・ ご想像してください

若いうちのマイホーム購入は、「豊かな基盤」をつくりあげ、老後の安心と豊かな

暮らしを期待できます。家を購入するタイミングは、購入できるのであれば早ければ

早い程、老後に不安を残さないものなのです。

 

 

●早ければ早いほど良い、住宅購入

〜ちりも積もれば・・・

  あなたはもう何年家賃をお支払しましたか?〜

 

賃貸住宅に住むのにどうしても必要な支出が「家賃」。ここ最近の景気の

動向より値上がりしているところは少ないものの「そこそこの家賃」を

お支払しているはずです。又、家賃をお支払しながらの貯蓄も結構大変で、

マイホーム資金をなかなか貯められないのが現実です。

「なぜ、こんなに苦しいのか・・・」

そうなんです、家賃が想像以上に大きな支出なんです。

 

 

●賃貸に住みながら貯金をするのは損?!

 〜1年間でいくら貯金できますか?〜

 

もちろん、住宅を購入するときに自己資金が多いに越したことはありません。

しかし、賃貸住宅にお住まいであれば話は別だとおもいます。なぜなら賃料を

払いながら貯金をするのはとても大変な事だからです。

頭金(自己資金)が100万円あると借りる金額と金利にもよりますが15万円

くらい利息分が減ります。ただ、現実的に年間100万円貯めるとなると、かなり

厳しいです。

家賃プラス月に8万円から9万円

夢のマイホームを購入するはずなのに、なんて厳しいのでしょうか

(ローンの関係で頭金(自己資金)を用意しなきゃいけないという人は別ですが・・

そんな人でも僕はローンを通せるんですけどね♪)

 

 

●購入はタイミングが大事

 

景気低迷が続く現在、住宅のように高額な買い物をするには大変な勇気が必要です

しかし、今後、好景気になり給料が上がった時に不動産を購入したとしたらどうなる

でしょうか?「物件価格が上昇」「金利が上昇」「物件を欲しがる人が増えて競争率

が上がる」等など購入者にとってあまり良いとは言えない状況になるかと予想されます。

もちろん、高額な買い物だから不安はあると思います。

その不安を少しでも解消する為に私たち不動産仲介業者がいるのだと僕は思ってます。

今まさに、物件価格が底値に近く、金利もほぼ0%に近いこんな時こそ、迷っている

のであれば今が買い時ではないかと思います。

(僕は、無理なローンは進めません。まずはその人にあった金額で住宅を進めます

なので、無理して家を購入するなんてないのです。だってファイナンシャルプランナー

ですから。お客様のライフプランを考えるのが仕事ですから)

 

 

●家賃はいくら払ってもゴールには近づかない。

 

マイホーム購入までの一時的な住まいを賃貸でと考えているのであればその

期間は短い方が絶対に良いはずです。

賃貸で何十年と賃料を支払い続けても、決して自分のものにはなりません。その点、

住宅ローンなら毎月確実にゴールに近づいています。

この安心感は、今、想像できなくても、払い終えた時には、きっと「購入して良

かった」と思えるはずです。

 

 

●マイホームはもしもの時の

          一番有効な資産です。

 〜大切な家族への生活保障〜

 

住宅ローンで住宅を購入する場合、ほぼ「団体信用生命保険(通称「団信」)」に

加入する事になります(無料)。

この、「団信」に加入することによって何が起こるかといいますと、ローンを借り

ている人が万が一、亡くなった場合(もしくは重度の障害(保険会社の基準による))

に残りの住宅ローンを支払ってくれる。という保険になります。

なので、残された家族がとりあえず、家を失うことはございません。

また、ほとんどの人は生命保険(行政や民間の)に入っているでしょうから、その

保険金で生活も凌げると思います。(入ってない人は是非ご相談ください)

賃貸だと、その生活費の中に家賃も入ってきますから、ちょっと大変じゃないでしょうか。