どうも、のぶです。

部屋を借りようとするときや、新築戸建て、中古戸建、マンション等を
購入しようとするときに、一昔前は不動産屋に行ったと思います。

今は、ネットで情報が検索できるようになり、なるべく不動産業者に関わ
らないで、物件の資料をたくさん集めて、その中から気になる物件を決めて、
そこでやっと不動産業者に行く。
そのような人が多くなってきました。

そうなってくると、業者としては「情報量」、「接客の良し悪し」よりは、
「仲介手数料無料」、「仲介手数料半額」など、もっとすごいのは
「当社で契約するとキャッシュバックします」など価格で、お客様を呼び
込んで契約まで持っていく。

これは、購入者もしくは、賃貸人にとっては大変嬉しいことかとおもいます。

ただ、最近ふと思うのですが、「仲介業者のいる意味って何なんだろう?」って

最初のころは、物件の紹介はもちろん、お客様にあった不動産のご提案、契約、
引き渡し、引き渡し後までのアドバイスやサポートを不動産取引のプロとして親切、
丁寧に行っていたと思うんですよ。だから「仲介手数料」がいただけたと思うのです。

ただ、やっぱり中には手抜きする業者がでてきて、契約して仲介手数料だけいただいて
あとは知りません。当事者で決めてください
なんら法的には問題ないと思うのですが(細かいことは、今は割愛します)、

作業的というか・・・。

そんなのが増えてきて。

増えてきたら、後はもう、値引き合戦ですよね。

不動産に詳しい人とか、何かあった場合は自分で何とか出来る人、若しくは何があっても
気にしない人ならいいのでしょうが、ほとんどの人はサポートなりアドバイスが必要かと
思います。
そのための「仲介業者」なのですから。
「一般の人(購入者、賃貸人)を悪質な業者や悪い物件から守る」これをしてこそ報酬が
得れると思うのです。

色々、意見があるとおもうのですが。
僕の思う不動産仲介業者です。

おすすめ: